日本エミリィ・ディキンスン学会

2021年2月16日火曜日

 研究発表募集

2021年度年次大会における研究発表を募集いたします。

開催日:6月19日(土)【 オンライン開催 】

資 格:発表時に日本エミリィ・ディキンスン学会員であること

応募先:日本エミリィ・ディキンスン学会事務局

    yoshida.kaname(at)nit.ac.jp [Replace (at) with @]

応募締め切り:3月12日(金) ※締め切りました


2020年7月29日水曜日


Emily Dickinson Review

2013年から装いを新たにした Emily Dickinson Review がウェブ公開されることになりました。No.4 (2016) からは投稿論文の掲載も始まっています。ぜひこちらから(→クリック)ご覧ください。サイドバーにもリンクが設置されています。

2020年7月7日火曜日


『私の好きなエミリ・ディキンスンの詩2』

「私の好きな~」シリーズ第2弾『私の好きなエミリ・ディキンスンの詩2』(新倉俊一編) が金星堂より出版されました。20編余りのエッセイが収録されています。

2020年6月1日月曜日

第35回年次大会中止

620日(土)に予定されていた日本エミリィ・ディキンスン学会第35回大会は、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。予定されていた研究報告とシンポジウムは、来年度に繰り延べとさせていただきます。会場は岐阜協立大学の予定です。

2019年11月26日火曜日


完訳エミリ・ディキンスン詩集

待望の『完訳エミリ・ディキンスン詩集(フランクリン版)』が金星堂より出版されました。
新倉俊一 監修、東雄一郎・小泉由美子・江田孝臣・朝比奈緑 訳

2019年10月9日水曜日


クリスティーナ・ランツハマー リサイタル

1126日(火)に紀尾井ホールにて、ドイツ人ソプラノ歌手 クリスティーナ・ランツハマーのリサイタルが開催されます。その中で、アーロン・コープランドの"Twelve Poems of Emily Dickinson"から8つの歌曲が演奏されます。ぜひご鑑賞ください。

日時:11月26日(火)19時~

場所:紀尾井ホール(四ツ谷)

コープランドの曲目:

   Nature, the Gentlest Mother
   There Came a Wind Like a Bugle
   The World Feels Dusty

   Heart, We Will Forget Him! 
   Dear March, Come In!
   Sleep Is Supposed to Be
   Going to Heaven!
   The Chariot

プログラム全体:
パーセル/ブリテン Henry Purcell (realized by Benjamin Britten)
 音楽が愛の糧であるなら If music be the food of love (3rd version) (Henry Heveningham)
 わが苦悩のすべて Not all my torments (Anonymous)
 私ほど幸せな若者は Theres not a swain of the plain (Anthony Henly)
 バラの花よりも甘く Sweeter than roses (Richard Norton)

コープランド
  《エミリ・ディキンスンの12の詩による歌曲集》から8つの歌曲 
    Copland: Eight songs from «Twelve Poems of Emily Dickinson»

J.P.クリーガー Johann Philipp Krieger
 歌劇《フローラ》~熱烈なる恋人 Die Heißverliebte
 歌劇《フローラ》~恋人たちの涙と笑い(愛の泣き笑い)
    Verliebtes Weinen und Lachen
    愛の苦しみ Liebespein
 歌劇《プロクリス》~孤独に寄せて An die Einsamkeit

シューマン:リーダークライス op.39

*紀尾井ホールの主催公演には、30歳未満の方がご利用可能なU29制度が設けられています。当公演ではU29としてA席を2,000円でお求めになれます。

その他詳細は紀尾井ホールHPをご覧ください。