日本エミリィ・ディキンスン学会

日本エミリィ・ディキンスン学会は、古川隆夫先生のご尽力により、新倉俊一先生を初代会長として、1980年に創設されました。創設以来、毎年、全国大会を開催し、Newsletter(2013年以降はReview)を発行し、1985年には米国で開催されたエミリィ・ディキンスン没後100年記念の幾つかの国際会議に団体で参加しました。また The Life of Emily Dickinson の著者 Richard Sewall 教授を初めとし、David Porter 教授、Cynthia Wolff 教授らを日本に招待し講演会を開催するなど、活発な研究活動を行ってきました。2007年には、アメリカ大使館とアメリカ研究振興会の後援を得て、京都においてエミリィ・ディキンスン国際会議を、The Emily Dickinson International Society と共催しました。その際には、Christopher Benfey 教授を特別講演者として招待しております。また、2007年度より日本学術協議会から学術団体としての認定を受けております。

2020年7月7日火曜日


『私の好きなエミリ・ディキンスンの詩2』

「私の好きな~」シリーズ第2弾『私の好きなエミリ・ディキンスンの詩2』(新倉俊一編) が金星堂より出版されました。20編余りのエッセイが収録されています。

2020年6月1日月曜日

第35回年次大会中止

620日(土)に予定されていた日本エミリィ・ディキンスン学会第35回大会は、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。予定されていた研究報告とシンポジウムは、来年度に繰り延べとさせていただきます。会場は岐阜協立大学の予定です。

2019年11月26日火曜日


完訳エミリ・ディキンスン詩集

待望の『完訳エミリ・ディキンスン詩集(フランクリン版)』が金星堂より出版されました。
新倉俊一 監修、東雄一郎・小泉由美子・江田孝臣・朝比奈緑 訳

2019年10月9日水曜日


クリスティーナ・ランツハマー リサイタル

1126日(火)に紀尾井ホールにて、ドイツ人ソプラノ歌手 クリスティーナ・ランツハマーのリサイタルが開催されます。その中で、アーロン・コープランドの"Twelve Poems of Emily Dickinson"から8つの歌曲が演奏されます。ぜひご鑑賞ください。

日時:11月26日(火)19時~

場所:紀尾井ホール(四ツ谷)

コープランドの曲目:

   Nature, the Gentlest Mother
   There Came a Wind Like a Bugle
   The World Feels Dusty

   Heart, We Will Forget Him! 
   Dear March, Come In!
   Sleep Is Supposed to Be
   Going to Heaven!
   The Chariot

プログラム全体:
パーセル/ブリテン Henry Purcell (realized by Benjamin Britten)
 音楽が愛の糧であるなら If music be the food of love (3rd version) (Henry Heveningham)
 わが苦悩のすべて Not all my torments (Anonymous)
 私ほど幸せな若者は Theres not a swain of the plain (Anthony Henly)
 バラの花よりも甘く Sweeter than roses (Richard Norton)

コープランド
  《エミリ・ディキンスンの12の詩による歌曲集》から8つの歌曲 
    Copland: Eight songs from «Twelve Poems of Emily Dickinson»

J.P.クリーガー Johann Philipp Krieger
 歌劇《フローラ》~熱烈なる恋人 Die Heißverliebte
 歌劇《フローラ》~恋人たちの涙と笑い(愛の泣き笑い)
    Verliebtes Weinen und Lachen
    愛の苦しみ Liebespein
 歌劇《プロクリス》~孤独に寄せて An die Einsamkeit

シューマン:リーダークライス op.39

*紀尾井ホールの主催公演には、30歳未満の方がご利用可能なU29制度が設けられています。当公演ではU29としてA席を2,000円でお求めになれます。

その他詳細は紀尾井ホールHPをご覧ください。


2019年6月3日月曜日

2019年度年次大会プログラム

日本エミリィ・ディキンスン学会 第34回大会
The Emily Dickinson Society of Japan
The 34th Annual Meeting

 日時:  2019年6月15日(土)13時00分~17時30分
 会場: 慶應義塾大学日吉キャンパス
    来往舎1階 シンポジウムスペース
          住所: 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

開会の辞 (13:00) 会長 下村 伸子

総会  (13:05~13:20) 議長  下村 伸子

I. 研究発表  (13:20~14:00)
司会 ノートルダム清心女子大学 赤松 佳子
「ディキンスンの詩作品における〈黄色〉の用い方――
グラデーション・共感覚・曖昧性――」 
 岡山大学大学院修士課程修了 荒木 奈々海

〈休 憩 10分〉
II. シンポジアム (14:10~16:10)
「ホイットマンとディキンスン」 
司会 講師 早稲田大学(非) 金澤 淳子
   講師 駒澤大学 川崎 浩太郎
      明治大学 梶原 照子
      東京大学 阿部 公彦

〈休 憩 20分〉

III. 講演 (16:30~17:30)
一般公開講演、慶應義塾大学教養センター後援
司会 駒澤大学 東 雄一郎 

「ディキンスンと私」
明治学院大学名誉教授 新倉 俊一

閉会の辞  (17:30) 副会長 岡山短期大学 濱田 佐保子


    *****************************************************
懇親会 (17:45~19:15)  司会 下村 伸子
会場:協生館2階 ファカルティラウンジ(大会会場から至近距離)
会費:5,000円(学生2,500円)
問合せ先:〒162-8644 東京都新宿区戸山 1-24-1 早稲田大学文学学術院
江田孝臣研究室  E-mail: te21@waseda.jp

2018年6月3日日曜日

2018年度大会のお知らせ

日本エミリィ・ディキンスン学会 第33回大会
The Emily Dickinson Society of Japan
The 33rd Annual Meeting

日時: 2018年6月16日(土)13時30分~17時20分
会場: 京都女子大学 J(馬町)校舎 J525教室
住所: 京都市東山区渋谷通東大路東入ル3丁目上馬町544
電話: 075-531-9002(文学部事務室)

開会の辞 (13:30) 会長 京都女子大学  下村 伸子
総合司会 事務局長 早稲田大学 江田 孝臣

*総会(13:35~13:50) 議長  下村 伸子

I. 研究発表 (13:50~14:30) 司会 早稲田大学(非) 金澤 淳子
「エミリィ・ディキンスンの詩作における「熟考されるヴィジョン」」
京都女子大学(非) 山下 あや

II. 研究発表 (14:35~15:15)
「エミリィ・ディキンスンとエリザベス・ビショップの“Art”をめぐって」          関西福祉科学大学 松本 明美

III. 研究発表 (15:20~16:00)   司会 駒澤大学 東 雄一郎
「小さな生き物たち—詩人としてのエミリィ・ディキンスン—」  
岡山短期大学 濱田 佐保子
(休憩 15分)
IV. 特別講演 (16:15〜17:15) 司会 副会長 慶応義塾大学 朝比奈 緑
「ディキンスンをめぐって—愛の詩、映画、アマスト—」  
 大阪樟蔭女子大学名誉教授 武田 雅子

閉会の辞(17:15〜17:20)  副会長 濱田 佐保子
    ******************************************************************************
懇親会 (18:00〜) 司会 下村 伸子
会場:レストラン「タワーテラス」(京都タワーホテル3階)
<℡075(371)3370:JR京都駅中央口より徒歩2分>
会費:5,000円(学生 2,500円)
問合せ先:〒162-8644 東京都新宿区戸山 1-24-1 早稲田大学文学学術院
江田孝臣研究室  E-mail: te21@waseda.jp

2017年7月1日土曜日

『現代詩手帖』 8月号 「エミリ・ディキンスン特集」(近刊)

ディキンスンの伝記映画『静かなる情熱』の封切りに合わせ、
思潮社刊の『現代詩手帖』がディキンスンの特集を組んでくれました。
会員が13名、寄稿しています。どうぞお近くの書店等でお求めください。

内容
インタビュー 新倉俊一(聞き手・佐藤江里子)
アンソロジー(10篇+訳注) 江田孝臣、朝比奈緑、小泉由美子、東雄一郎冬木詠子吉田要
gozoCine 吉増剛造 「エミリーfilm」
論考・エッセイ 鵜野ひろ子、大西直樹、亀井俊介、下村伸子、武田雅子、栩木伸明、堀内正規、暁方ミセイ、岡野絵里子、小池昌代、鈴木ユリイカ、文月悠光、ヤリタミサコ。

作品 ぱくきょんみ+溝上幾久子
    山下陽子+サイトヲヒデユキ